筋肉別の鍛え方!ジムのトレーニングマシンで個別に鍛える!

気になるところから個別に鍛える!ジムのマシンを使い倒そう

筋肉はどうやってつける?

このコラムをシェアする

胸筋を鍛える

胸の代表的な筋肉をご存知でしょうか?
大胸筋と呼ばれる筋肉は、体の中でも面積の大きいほうに入る筋肉です。
大胸筋を鍛えると代謝が上がるため、ダイエット効果が高いと言われています。
女性の場合胸を大きく見せられ、男性の場合はスーツなどをかっこよく着こなすことができます。

ジムの器具で鍛えるならば、やはりチェストプレスがおすすめ。
胸を集中的に鍛えることができます。
まずはチェストプレスからはじめ、慣れてきたらダンベルプレス・フライ、ベンチプレスなどにもチャレンジして、さらにトレーニングの効果を高めていきましょう。
自宅でするならば、腕立て伏せをするようにしましょう。
正しい姿勢で行うことを意識することが重要です。
多くの方が、意外と間違った腕立て伏せの姿勢をしがちです。
最初は鏡などで確認しながら行いましょう。

背筋は鍛えられる?

背中の筋肉は広背筋、脊柱起立筋といった大きな筋肉です。
背中の筋肉が鍛えられると、ウエスト部分とギャップが生まれるので、ウエストが細く見える効果もあります。
背中の筋肉の不足は、猫背になりがちです。
猫背になると、姿勢が美しくない上、血行が悪くなるので全身にうまく血液が届かず、筋肉が硬くなって、肩こりが起きやすくなります。

では、背筋をジムで鍛える場合はどうするか、というと、マシンを使ってラットプルダウンを行うのが最も効果的。
腰などへの負担も少ないため、初心者でもチャレンジしやすいトレーニングです。
また、慣れてきたらフロントラットプルにも挑戦し、さらに背中の筋肉の厚みをつけていきましょう。
意外にも、ダンベルをつかったワンハンドローや、バーベルを使ったベントーオーバローなども背中に効くトレーニングです。
こちらの方が負荷が大きいので、順番にステップアップしていってください。